Scala Content Management を使用すると、インターネット接続されたコンピューターから、コンテンツを管理し、複数のプレーヤーを使用してデジタルネットワークに配信できます。

デジタルサイネージ管理により、タイムテーブルとプレイリストを作成して、マーケティングチームや開発チームの進捗を確認することができます。テンプレートとプランベースのコンテンツ配信も、このデジタルサイネージスケジューリングソフトウェアに付属しています。 Scala Content Mangerのユーザーフレンドリーなインターフェースで、あらゆるタイプのメディアを効果的に管理します。

Digital signage content manager software on computer

At a Glance

01.

自由度の高いプレイリスト – Scalaスクリプト、メッセージ、ビデオ、フラッシュまたは静止画像を使用して、さまざまな条件に基づき、プレイリスト、スマートプレイリストおよびサブプレイリストを作成できます。

02.

スケジュール – シンプルなグラフィカルビューでプレイリストのタイムスロットを決定、編集ができます。 様々な繰り返しパターンと開始/終了日の設定が可能です。

03.

承認 – メディアを再生する前にコンテンツの承認ができます。承認が必要な場合、選択したユーザーに電子メールで通知が送信されます。

04.

複数フレームの管理 – ディスプレイ内に複数のフレームを簡単に作成することができ、各フレームごとに独立したコンテンツを再生できます。

05.

マルチチャネルサポート – 1つのプレーヤーから2つの完全に独立したチャネルを実行し、ハードウェア、OSライセンスおよび管理コストの削減を実現します。

06.

プレーヤー管理 – 設定基準(地域、人口統計データなど)でプレーヤーをグループ化し、再生オプションを設定、再生するコンテンツを選択することができます。

07.

メンテナンスのスケジューリング – 再起動、ファイルの送信と取得、Scalaソフトウェアアップデートのインストールなどのリモートメンテナンスタスクを実行します。

08.

ワークグループ – さまざまな部門に応じたコンテンツへのアクセス権限を管理し、各グループに適したメッセージのみが表示されるようにします。

お問い合わせ

スマートコンテンツ管理

Scala Playerには、スマートプレイリスト、スケジューリング、権限ベースのユーザーロールおよびトリガーなどの使いやすい機能が提供されています。スマートプレイリストは、一連のルールをプログラミングすることで、ユーザーからの追加入力なしでシステムが自動的にカスタムプレイリストを作成することができます。このようなスマートコンテンツ配信は、該当ファイル内の変更に基づいて特定のファイルを選択します。

ダウンロード:SCALA CONTENT MANAGERの仕様