Scala Software-as-a-Service(SaaS)は、サブスクリプションベースで提供されるクラウドベースのデジタルサイネージソリューションです。洗練されたScala Content Managerツールのフルラインナップを提供しています。リーズナブルで柔軟性の高いソリューションにより、デジタルサイネージネットワークの立ち上げと管理の複雑さとオーバーヘッドを大幅に削減しながら、ビジネスの強力なデジタルマーケティングを推進することができます。

SaaSに加えて、Scalaはより強力なフルマネージドSaaS(m-SaaS)をご提供し、コンテンツ管理サービスのフルラインナップを追加サポートとして提供いたします。手間のかからないこうしたアプローチは、コアビジネスに集中したいお客様にとって最適なソリューションです。

00:00
00:00

効率的で利便性の高いクラウドベースのデジタルサイネージ

Scala Content ManagerとSaaS
Scala Content Managerは、コンテンツ配信、プレーヤーネットワークの管理、およびアドミニストレータ管理のためのWebベースのセントラルサーバーです。Scala SaaSは、デジタルサイネージネットワークの効率的なオンライン管理を提供するScala Content Managerのクラウドホストバージョンです。

Scala DesignerとDesigner Cloud
Scalaデザイナーは、より高度なデジタルサイネージコンテンツを作成するために、複数のレイヤー、双方向性およびデータを駆使した情報を活用したデザインを作成するためのスタンドアローンアプリケーションです。Scala Designer Cloudは、魅力的で洗練されたデジタルサイネージを作成できる、使いやすく直感的なWebベースの構成およびデザインツールです。

scala-saas-cloud-based

Scala SaaSの主な利点

01.

初期費用の低減

サブスクリプションベースまたは従量課金モデルにより、ソフトウェアの開発、インストールおよび管理に関連する初期コストを削減。

02.

構築は手間いらず

Scalaがライセンス導入と設定を行うので、即座に構築可能。

03.

スケーラブルなソリューション

あらゆる規模の企業に対応。

04.

いつでもどこでもアクセス可能

Webブラウザーを介して、いつでもどこでもデジタルサイネージのコンテンツやその他の要件を管理。

05.

新機能の迅速な提供

新機能と最新バージョンに自動的にアクセス可能。

06.

ユーザーフレンドリーなインターフェース

ユーザーフレンドリーなダッシュボードによる簡単な管理。

デジタルサイネージSaaSの仕組み

あなたのビジネスに適したサブスクリプションモデルを選択してください (SaaS vs. m-SaaS)

SaaS m-SaaS
コンテンツ管理サービスを使用せず、クラウドでホストされるサブスクリプションベースのデジタルサイネージソリューション。 コンテンツ管理サービスを備えた、クラウドでホストされるサブスクリプションベースのデジタルサイネージソリューション。
コンテンツの作成、管理および配布をお客様ご自身で完全にコントロール頂けます。 コンテンツの作成、管理、配信をScalaが全てサポート。
インターネット接続があれば、いつでもどこでもデジタルサイネージネットワークを簡単に管理できます。 Scalaがデジタルサイネージネットワークをリモートで管理するため、手間のかからないアプローチです。
インターネット接続があれば、どこからでも簡単に修正することができます。 24時間、365日年中無休のサポート
コンテンツの作成とスケジュール管理を行うためのコンテンツ管理サービス費用はいただきません。 Scalaがコンテンツの作成とスケジュールを管理するため、コンテンツ管理サービスは有料となります。
オンサイトのサーバーハードウェア不要
初期費用不要
自動修正、アップグレード、および新機能が利用可能
SAASパンフレットのダウンロード

お問い合わせ