Airport Digital Signage

01.

インテリジェントで統一的なデジタル通信ネットワークを構築し、交通機関のデジタルサイネージの視覚的なコンテンツをリアルタイムで更新することによって、カーブサイドチェックインからゲートまで旅客体験を向上させます。

02.

空港のデジタルサイネージとセンサー技術を利用して、全ての空港訪問者と従業員のパターン、嗜好、行動について学習し、旅客の全旅程を把握することができます。

03.

アメニティやインセンティブの活用で、滞在時間が長いエリアで楽しくインタラクティブなアクティビティを提供するなど、売り上げと旅客の満足度を向上することができます。

旅客体験の向上

ダイナミックメッセージング、インタラクティブ体験、利便性、パーソナライズを推進するマーケティングテクノロジーと交通機関向けデジタルサイネージで、カーブサイドチェックインからゲートでの滞在時間に至るまで旅客体験を向上させます。
交通機関のデジタルサイネージは、フライト状況、ゲートまでの時間予測、セキュリティ情報、目的地の現在の気象条件などデジタルサイネージをリアルタイムで更新することで、ターミナルに滞在中の顧客に継続的に情報やエンターテイメントを提供し、旅程の準備を促す新たな機会生み出します。

交通機関向けデジタルサイネージを使用して、プロモーションや広告を簡単に表示および変更できます。 地元のイベントや慈善活動を紹介したい場合には、旅客はフライトスケジュールやターミナルの道順以外にも興味深い情報が得られます。 乗り継ぎ時間が長い旅客は、空港近くの地元のアトラクションを案内する内容に喜ぶかもしれません―誰も空港内に8時間も座っていたくありませんから。 これは、旅客に待ち時間の選択肢を提案し、地元のビジネスや活動を宣伝する簡単な方法です。

インタラクティブなスケジュールとターミナルマップ

フライトスケジュールやターミナルの指示については、到着/出発時間、遅延、キャンセルなどの重要な運航情報を分かりやすく表示できます。 このタイプのコンテンツはシームレスに展開され、旅行者に最新の運航状況を届けます。

インタラクティブなターミナルマップを表示して、旅客がターミナルのどこにいて、どこに行く必要があるかを特定できるようにします。 空港からバスターミナルまで、これらの革新的なサイネージソリューションは、旅客業全体にメリットをもたらします。

空港のデジタルサイネージ

交通機関のデジタルサイネージテクノロジーにより、あらゆる規模の空港で、出発地と目的地に基づいて複数の言語でメッセージを表示できます。 遠隔地にある小規模な地方空港から国際的なハブ空港まで、空港のデジタルサイネージは、旅客に情報を提供することで効率的な旅行の実現をサポートします。

到着したばかりの乗客は、ゲートへの案内と同等の分かりやすさで手荷物受取所への行き方を簡単に見つけることができ、空港からのアクセス情報を得ることができます。例えば次の列車までの時間とUberやLyftなどの人気のあるサービスの平均待ち時間を表示することにより、その後すぐに最終目的地への接続に進むことができます。 デジタルディスプレイは混乱を減らし、空港にいる人全員の移動プロセスを合理化します。

建物オートメーションシステムのデータを利用して、エレベータやエスカレーターなどのサービス停止情報を旅客に提供することもできます。 これにより、特定の場所での渋滞を防ぎ、旅客を別の稼働中のエスカレーターまたはエレベーターに誘導することができます。

空港のデジタルサイネージは、最も混雑している空港であっても、乗客がゲートや到着・出発の時間をすばやく見つけるためのより簡単な手段を提供します。 FIDS(飛行情報表示システム)は、主要なフライトを乗客が選択した色で表示するため、検索時間が減り、ゆとりを持って移動することができます。乗客は希望のゲートに間違いなく行くことができ、時間に余裕があればターミナルで時間を潰すこともできます。

交通ハブでのデジタルコンテンツディスプレイ

交通機関のデジタルサイネージは、旅行情報の表示だけにとどまりません。 空港内の小売店やレストランの広告はどの画面にも表示でき、乗り継ぎ時間中に旅行者をそれらに誘導します。 店舗はこの機能を利用して、ハイテク機器や最新のベストセラー本などの新商品を宣伝することができます。 同様にカフェでは、例えばラージサイズのコーヒーを購入するともらえる無料のドーナツなど、現在行っているキャンペーンやプロモーションを表示できます。関連する店舗または商品のそばに、ショップやレストランのプロモーションを表示できます。店舗が旅行用マグカップやネックピローのセールを行っている場合、このプロモーションをその小売店に最も近いデジタルディスプレイに表示されるようにプログラムすることが可能です。

売り上げを伸ばし、旅客のエンゲージメントを維持する

空港のデジタルサイネージを使用して空港内のローカルビジネスを宣伝することで、売り上げの向上が期待でき、待ち時間中旅客のエンゲージメントを維持することができます。また、旅客の行動とリアルタイムな分析により、反応に関する貴重なインサイトを提供し、それによってプロモーションと広告の効果を判断することがます。このタイプのデータは、マーケティングチームに情報を提供するため、旅客の反応に合わせて広告活動を調整できます。空港内のゲストに、より良いサービスを提供するためにコンテンツを迅速に変更することができます。

バスのデジタルサイネージ

これらの機能と利点はすべて、バスターミナルにも適用できます。デジタルサイネージで、アップデートされたバスのスケジュールは、ターミナルの行き方を分かりやすく表示することができ、歩行者の流れが改善され、全員が正しい方向に移動することができます。

Scalaの交通機関向けデジタルサイネージの中核は、Scala独自の分析プラットフォームです。このプラットフォームは、接続されたデバイスをセンサーのネットワークでプライベートかつセキュアに分析し、旅客の施設内の滞留や流れを正確に可視化します。このタイプのデータ収集により、オペレーターは輸送ハブについての理解を深め、必要に応じてスタッフとより効果的な連絡を取り、再配置することで運用を改善できます。

交通機関にとって、デジタルサイネージによるこのタイプのデータ収集は、効率化と顧客体験の向上を実現させる上での貴重な情報となります。

バスターミナルは、それほど規模の大きくない場合も多く、空港よりも混雑する傾向があり、特定の時間に多くの乗客に対応します。乗客の多くは朝の出勤時間と夜の帰宅時間に集中するため、バスターミナル内の混雑が見られます。デジタルサイネージの活用で、乗客はバスについての必要な情報をすばやく入手できます。 通勤時は天気予報などの便利な最新情報を入手し、移動中は地元のイベントやアトラクションのプロモーションを楽しむことができます。これらすべての機能を組み合わせることで、シームレスな移動体験を実現します。