Grocery Store Digital Signage

At a Glance

01.
最新のマーケティングテクノロジーソリューションで食料品店での体験を最新なものにします
02.
デジタルサイネージを利用して、冷蔵保管庫のドアに製品を表示し、在庫データベースと統合して価格を更新します
03.
エンゲージメントを向上させるために、顧客のショッピング行動のリアルタイム分析を活用する

食料品のデジタルサイネージで購買客を引き付ける

Scalaのマーケティングテクノロジーと食料品のデジタルサイネージは、顧客のお気に入りの地元の食料品店への訪問を変革し刷新するのに役立ちます。 最新のインタラクティブなデジタルサイネージを実装することで、食料品店は新しい方法で顧客とつながることができ、タッチスクリーンキオスク、有益なデジタルメニューボード、セルフチェックアウトなどの便利さを提供できます。 Scalaの柔軟なコンテンツ管理プラットフォームにより、食料品店の店長は、商品の在庫や価格設定などの変更にリアルタイムで適応できるため、店内の最適化に新たな柔軟性をもたらします。 Scalaを使用すると、食料品店のオペレーターは、リッチメディアと顧客体験をリアルタイムで最適化する統合されたフルレンジのデジタルソリューションによるインタラクティブなエンゲージメントを使用して、購買客を活性化し、新しい販売とアップセルの機会を創出できます。

動的な在庫情報の統合と価格最適化

デジタルサイネージを使用すると、食料品店のオペレーターは魅力的なビジュアルメディアを使用して、顧客を新製品や現在のセールに引き付けることができます。 Scalaの食料品デジタルサイネージプラットフォームでは、商品をリアルタイムで簡単に編集、変更、削除できるため、在庫情報を最新の状態に保ちながら、デリやシーフードセクションの顧客に価格と商品を伝えることもできます。 Scalaはまた、食料品店のオーナーに、大量小売環境での価格設定を最適化することにより、店舗運営を改善する機能を提供します。 店長はタブレットを使用して、統合された在庫データベースを介して製品を監視および管理し、商品の最低または最高価格を設定できます。 低在庫もしくは期限切れになると警告が表示され、価格を即座に簡単に調整できるため、収益の損失を軽減しつつ、より迅速に販売を促進し、食品廃棄物を減らすことができます。

より良い顧客体験のためのインテリジェントな店内分析

Scalaは、店舗内のデータおよび分析プラットフォームを介して、従来の食料品店のデジタルサイネージではこれまで見られなかった、高レベルのインテリジェントでダイナミックな応答性を食料品店にもたらします。 Walkbaseプラットフォームは、既存の店舗内Wi-Fiを利用して、高度なモバイルトラッキング、モバイルメッセージング、人工知能ベースのモバイル広告ターゲティングシステムを通じて実用的なインサイトを収集します。小売業者は、購買客のスマートフォンとブラウジングを介して、好み、場所、価格感応度、買い物カゴのサイズに関する詳細なデータを把握し、食料雑貨店がよりタイムリーで関連性の高いプロモーションを店内の購買客に送信し、マーケティングキャンペーンを最適化し、価格を更新、関連するコンテンツを購買客に配信、在庫管理から不確実性を取り除きます。 Walkbaseは、店舗運営、人員配置、製品レイアウト、店舗設計に関する貴重なインサイトも提供します。これらの分析結果を収集することは、顧客の訪問をパーソナライズするだけでなく、店舗運営を改善し、食料品店のオペレーターに予測インテリジェンスを提供する購入パターンについてより深いインサイトを得るための非常に強力なツールです。顧客は、特に購入パターンと食料品店での買い物リストに従う習慣があり、前向きな来店に影響を与える可能性のある多くのインサイトを得る必要があります。