ブラジルのコンビニエンスストアのブームに続いて、Shell店内での経験を競合他社と差別化することが重要でした。 Shellは、人目を引く__デジタルディスプレイ__ に切り替えることで、激しい競争から一歩抜け出すことを望んでいました。店舗ごとに3つの画面が配置され、一元管理されたコアコンテンツだけでなく、ローカルプロモーションやメニューアイテムも表示されます。デジタルサイネージ のおかげで、特に画面に表示されるサンドイッチの売り上げが増加しました。

Digital menu boards at the cafe in the Shell gas station

01.

店舗ごとに3つの画面が配置され、一元管理されたコアコンテンツだけでなく、ローカルプロモーションやメニューアイテムも表示されます。

02.

特に画面に表示されるサンドイッチの売り上げが増加しました。

03.

月に10店舗ずつ増やし、プロジェクト終了までに600店舗に達する予定です。

販売場所で注意を引く

Raízen Combustíveis SA(Shell Oil-Brasil)は、ブラジル全土のコンビニエンスストアで顧客と迅速に関わり、情報を提供する方法を必要としており、静的メニューボードからデジタルへの切り替えが進むべき方向性であることに気づきました。顧客が素早いサービスを期待してコンビニエンスストアに立ち寄る際、購入時に彼らの注意を引くにはほんの少しの時間しかありません。印象的なデジタルディスプレイ上のグラフィックが豊富なメッセージは、最もスマートなソリューションでした。

中央管理のコアコンテンツと現場ベースのメッセージの組み合わせ

ScalaのビジネスパートナーであるYa Moguによって作成および管理されているファーストフード(QSR)ソリューションは、限られた予算での検討が必要でした。Shellはコアコンテンツを中央から管理したいと考えていましたが、店舗の所有者に現場での権限を与えることが重要でした。Shellは、2012年から250店舗で1店舗あたり3画面のデジタル化を導入した後、そのメリットを実感しプロジェクトの終わりまでに600店舗に拡大する予定です。

2010年頃からブラジルのコンビニエンスストアがブームになり、店舗数がほぼ2倍になって、Shell店内での経験が競合他社と一線を画すことが重要でした。 デジタルサイネージは、動的に表示される人目を引くコンテンツで記憶に残る体験を残します。さらに、コンテンツは関連があり、正確であることが保証されます。現場の店長は、価格を設定するだけでなく、昼食時よりも朝食時に魅力的なメニュー項目を表示する時間ごとのトリガーをスケジュールする権限を持っていました。

Ya Moguは、Shellが提供するクリエイティブコンテンツを使用して、Scala Enterprise Designerを使用して、1つの店内画面に全国広告を表示し、2つの追加画面に現場の店長が選択したコンテンツを表示できるスクリプトを作成しました。現場の店長は、Scala Enterprise Content Managerにアクセスしてメッセージを更新し、企業のブランドとメッセージを維持しながら、顧客との関連性を維持できるようにします。

売り上げの向上

デジタルプロジェクトを開始して間もなく、特に画面に表示されるサンドイッチの売り上げが増加しました。 ShellとYaMoguは、このソリューションを月に10件の新規店舗に展開し、ブラジル全土で合計1800のスクリーンを導入する計画をしています。

Scalaは必要なものだけを提供し、全てのグローバルメディアを処理しながら、全ての店舗が独自のコンテンツを細かく管理できるようにしました。 このような強力なシステムを非常に使いやすくすることが、私たちのビジネスの鍵です。
Alberto Moura
art & design director

about Raízen Combustíveis S.A.

Raizenは120億ドルの合弁会社であり、エタノールの年間生産能力は20億リットルを超え、ブラジル第3位の燃料会社となっています。4,500の燃料ステーションの小売ネットワーク、24の製糖工場、サトウキビ搾りかすからの900MWの電気エネルギーの設備容量があります。