ビデオウォール市場は、2020年には173億ドルだったものが、2026年には372.6億ドルに成長すると予測されています。多くの主要ブランドが、マーケティング戦略の一環としてビデオウォールを活用し、インパクトある第一印象を与え、多くの視聴者にリーチしようとしているのです。ビデオウォールは、企業がダイナミックなコンテンツによって、没入型のカスタマーエクスペリエンスを実現させる強力なサポートツールとなります。

JP Infographic

ビデオウォールディスプレイ(Scala搭載)がビジネスを加速させる

ビデオウォールディスプレイ(Scala搭載)は、最先端のUHD画質と、実証済みの信頼性とスケーラビリティを提供します。ディスプレイモニターには、さまざまなベゼル幅があります。また、特定のサイズ、形状、解像度にもバリエーションがありますので、それらに対応するよう期待されます。Scalaのビデオウォールは、あらゆる企業環境に最適化させることができます。

Scalaは、ビデオウォールを活用することで、世界中の多くのブランドに没入型のカスタマーエクスペリエンスを提供する機会を演出してきました。

たとえば、ヨーロッパ最大のフィットネスクラブチェーンであるBasic-Fitは、 Scalaソフトウェアを実装して、ヨーロッパ中の800を超える場所で見せる印象的なVirtualFitnessExperienceのコンセプトを実現させています。ヘルスケアの分野では、クアラルンプールのパンタイ病院で、主にデジタルドクターディレクトリとして機能するビデオウォールを設置しました。

さらに、空港でのビデオウォール利用で、乗客のエクスペリエンス向上にも使われています。ブリストル空港は、Scalaソフトウェアを使用して、英国で最大のファインピッチLEDビデオウォール(空港の14m x 2.5mデジタルウォール)にコンテンツを配信しました。

Scalaでビジネスを変革する

Scalaは多くの業界のブランドと提携して、スマートマーケティングテクノロジーとデジタルサイネージによりカスタマーエクスペリエンスに変革をもたらしています。ビデオウォールを活用することで、今日のデジタルエクスペリエンスをさらに強化することができるのです。詳細はこちらをご覧ください: ここをクリック

フォローする: Facebook | LinkedIn | Instagram | YouTube

Infographic on Video Walls

ご意見をお聞かせください: