街中だけでなく、駅のコンコースやホーム、車内など、さまざまなデジタルサイネージが視線の先にあることが増えています。よりインパクトのある情報が色鮮やかに映し出され、興味を惹かれることも多くなりました。特に交通網の中にあっては、今欲しい情報をリアルタイムに見ることができる端末として浸透し始めています。この現象は日本国内に限らず同様の環境にあるアジア圏においても積極的に採用されています。今回は、地下鉄のコンコースなどで活用されている様子を見ることにしましょう。

地下鉄の革命

アジア圏の地下鉄は、他の交通機関と比較して、性能、速度、容量、信頼性が最も高いと言われ多くの人が利用しています。ここ数十年、世界人口の急速な都市化に伴い、都市部の大量輸送システムは爆発的に普及していることがその要因のひとつとなっています。アジア全体では年間260億人以上の利用者があり、東京の地下鉄においては、延べ人数で年間34億6千万人が利用するという世界一の利用者数を記録しています。

今日、アジア圏の都市の地下鉄環境はデジタル技術を活用して様変わりをしています。新しくなった地下鉄の駅は、コミュニケーション力をさらに高め、乗客の利便性を向上させています。特に、駅、電車内で使われているデジタルサイネージは、ダイナミックなメッセージ、インタラクティブな体験、利便性、パーソナライゼーションといった新たな試みを次々に提供し続けています。

インドのデリーでは、インターチェンジや地下駅を含む158の地下鉄駅に、400以上の暫定的に設置された情報交通デジタルサイネージが主要情報(安全情報、チケット情報、列車時刻情報など)をより見やすく提供することが計画されています。

交通デジタルサイネージが一変させる地下鉄環境

このビデオでは、交通デジタルサイネージが地下鉄の駅や電車内でどのように活用されるかのイメージを体感することができます。

緊急情報の表示やインフォテイメントの提供、ダイナミックな道案内の実現、ここちよい場づくりなど、交通機関のデジタルサイネージは、シームレスで安全かつ快適な乗客体験の実現に欠かせない存在です。

• インタラクティブな道案内を戦略的に配備
配置されたインタラクティブな道案内キオスクは、乗客を単に目的の場所まで誘導するだけでなく、迷子状況におけるフラストレーションを軽減します。

• 主要情報の表示
スケジュール、時刻表、地図などをリアルタイムに表示します。

• 緊急時の連絡手段
電車の遅延などの緊急速報や最新情報を瞬時にわかりやすく伝えることができます。

• ショーケース・インフォテイメント
クリエイティブなコンテンツで乗客を楽しませ、待ち時間を減らすことができます。

• 収益アップ
広告収益という新たな収益源を生み出します。

乗客にポジティブなデジタル体験を提供するScalaのデジタルサイネージソリューション

30年以上の経験を持つScalaは、その革新性と、最高の技術を活用し、使いやすく柔軟でカスタマイズ性の高いソリューションを生み出すことで業界をリードしてきました。

Scalaは、スマートな交通デジタルサイネージソリューションを通じて、地下鉄事業者がパワフルな乗客体験を創造し、交通ハブを変革することを支援しています。

Scalaの交通機関向けデジタルサイネージソリューションージソリューションの詳細をご覧いただけます。

Transportation digital signage solutions for Metro

お問い合わせ: